通信販売 百貨店

グーグルマップで現実世界の安全が脅かされている

 
 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 

 グーグルマップの新機能ストリートビューを、どれ程の人が試してみだだろうか?
 初めて見た人は、勝手に自宅の写真が世界中に配信されていて驚くことだろう。

 自動車の屋根に、周囲を撮影できるカメラを載せて走り回り、地図から通りの写真を検索できるようになっている。
 出かける際に、目的地の施設や駅周辺の様子を写真で見ることが出来れば便利な機能ではあるが、住宅地の隅々まで写真を公開されると、効果よりも弊害の方が大きいように思う。

 まず、カメラの位置が人の視線よりも高い為に、多くの家が、塀や垣根の上から敷地を撮影されている。
 洗濯物が写っている家もあれば、場合によっては窓の中まで。また、青空駐車場に止まっている自動車の車種も確認できるし、泥棒の下調べにも重宝されそうだ。
 人の顔にはモザイクがかけられているが、繁華街を歩く人々も写されている。

 何かまずい物が写されていないか、各自確認しておくことをお薦めする。

グーグル、私道内に侵入したとして非難される by CNET Japan

スポンサーサイト

 
 
 
 
 
 











管理者宛の投稿

 
 
カテゴリー
 
 
 
最近の記事
 
 
 
リンク
 

 
 
月別アーカイブ
 
 
 
最近のコメント
 

 
 
RSSフィード
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。